メインイメージ画像

割礼は歴史が深い

実は割礼(包茎手術)についての歴史上の記述はエジプトの神話の中に登場いたします。太陽神のラーが自身のペニスを切断し、出ました血から神々が生まれましたので、ラーの神への信仰により割礼が行われたとされているのです。聞いた話によると、信じられないことに自分のペニスを神へささげたという説があるのです。そして、これまでのエジプトのミイラ研究で分かったことで、男性のミイラの多くが割礼を受けていたと考えられています。他の国々ですと、成人への儀式として行われていましたが、エジプトですと神聖な場所へ勤務するための、清浄さを求めるためと考えられています。

割礼(包茎手術)を受けた時期としましては10歳くらいの年だったとのことです。このようなことから、包茎手術の歴史は古い事が解ると思います。

包茎の手術のリスクはあるのでしょうか。まずは、手術の時の傷跡の話を必ず聞いていただきたいです。メスによる手術なら、3mm〜4mmの傷跡が残るもので、レーザー手術でしたら、1mm程度ですみます。

この時、亀頭、下の方に上手に収まるような手術ならば、傷跡はほぼ見えなくなります。その後の通院についてですが、現在、ほとんど通院を必要なくなったのです。自分だけで術後の処理をするということは神経をたくさん使うものです。クリニックを選ぶ時、通院のあるなしで治療期間が短くなるかどうか確認するようにお願いします。術後の消毒をする際、包帯を外すことになり、術後の3日間くらいの消毒の時は神経を使い、痛みを伴ってきます。

更新情報