メインイメージ画像

包茎は身体的な特徴!

今まで包茎は仮性包茎・真性包茎・カントン包茎の3種類に分類されました。仮性包茎と一言に言っても重度・軽度が存在していて、このような観点から整理しなおした考えかたがあり、それが4分類法と呼ばれているものです。1型と呼ばれるものでしたら、包茎ではないペニスなのです。勃起していない状態でも、亀頭が全部露出している状態を指します。「正常なペニス」と表現されることもあるのですが、日本人で1型に該当するような人は、たったの20%です。少数派であります。

1型が正常としたら、それ以外のペニスは異常ということになります。そういうわけでもありませんでして、4型とカントン包茎を除いて考えると、医学的に病気とは診断されません。病気とは言えずに、身体的な特徴ということができるのです。

包茎の悩みについてですが、泌尿器科に行って受診をし相談をしてみることが良いでしょう。しかしながら包茎というデリケートな問題と言ってもプライバシーまでも考慮されないのです。他の患者さんもいる待合室に行き、診察を受けるのです。

プライバシーも考えたいと思うのでしたら、大手の包茎専門クリニックがおすすめです。全国で展開する大手クリニックのほとんどは、無料でしてもらえるカウンセリングを行っています。プライバシーも徹底していまして、WEBのメールででも相談を受けてくれます。無料のカウンセリングを受けられましたら、必ず手術しなくてはいけないわけではありません。一人で悩んでも解決はしません。ぜひ、一度は専門家に聞いてみて、包茎の悩みから解放される解決として1つ良い考えでしょう。

更新情報